ー都市俳句会ー 中西夕紀が主宰する俳句会「都市」のWEBサイトです
 
 
平成20年2月、中西夕紀が東京で創刊。
師系 藤田湘子、宇佐美魚目。
俳句の有季定型を守り、先人から学び、各々の個性を尊重した俳句創作を実践する。
先人から学ぶため、現在、古典勉強会(江戸時代)と現代俳句勉強会(正岡子規以降)を月に1回、有名作家一人ずつの代表句集の輪読会を開いている。これは都市の活動が歴史に繋がりたいという願望による。新しいものは古いものを学ぶことによって生まれるからである。
その他に吟行、題詠句会も盛んに行われている。吟行ではその地への挨拶と写生の力をつける。題詠では即興と取り合わせの面白さを学ぶ。勿論オーソドックスな句会もある。(句会案内参照)会員は自分にあった句会に自由に参加できる。
 


1953年
東京生まれ。
1980年
夫の転勤により松本で宮坂静生に会い、俳句を始める。
1981年
宮坂静生主宰『岳』(当時『鷹』の長野県支部)に入会。
1982年
夫の転勤で東京へ。藤田湘子に師事。『鷹』入会。
1996年
『晨』同人参加。名古屋の宇佐美魚目の吟行句会に通う。
『岳』『鷹』『晨』を経て、
       2008年  『都市』創刊主宰。
       句集『都市』『さねさし』『朝涼』
       共著『相馬遷子―佐久の星』『鑑賞 女性俳句の世界』第2巻。
       俳人協会会員 日本文藝家協会会員
 
まつ青な蘆の中から祭の子
中西夕紀
片手から両手にもらひ桜貝
初潮や人は人産む月あかり
いくたびも手紙は読まれ天の川
合はす手を塔と思へり渡り鳥